宮城県は住みやすいところ

宮城県は東北地方に位置していて、県庁所在地は仙台市にあります。

宮城県は、「食材王国みやぎ」と呼ばれているだけあって、様々な食材を豊富に収穫することができます。

例えば、ササニシキやひとめぼれなどのお米、かつおやまぐろ、牡蠣などの水産物、高級和牛の仙台牛、イチゴや梨などの果物などです。
亘理町は特にいちごが名産で、花卉栽培も多く見られます。

このように食べるものが美味しいところなので、亘理町に新築一戸建てを購入希望される方は少なくありません。

では住み心地はどうでしょうか?
気になる気候ですが、宮城県全体で見ますと、夏は涼しく、冬は東北地方では一番積雪量が少ないので、比較的過ごしやすい気候となっています。

特に亘理町などの沿岸部は温暖なので、やはりそこに一戸建てを購入される方が集中しているようです。

地域別で気候の状況を見てみますと、仙北地域、つまり宮城の北側は、冬の寒さが厳しいようです。

最低気温は零下10度から15度くらいにまでなります。

夏はすごしやすいですが、冬は寒さに気をつける必要があるでしょう。

また仙南地域、宮城の南側、例えば仙台市や亘理町などは、夏は涼しく、冬は温暖です。

三陸海岸も同じく、夏は涼しく、冬は雪も少なく、温暖な気候となっています。

このように全体的に見ても、宮城県は過ごしやすい地域と言えるでしょう。

また交通機関ですが、東北新幹線が走っていますので、東京への移動も便利になっています。

新幹線以外にも、地下鉄もありますし、JR線もありますので、どこへ移動するのも簡単です。